トラリピ 失敗も有ったが結局年利23%!! 2019年損益まとめ

トラリピ

最終的には良い結果となりましたが、試行錯誤の1年となり、リピート売買と一部通貨の難しさがよくわかりました。元本は5百万です。
年次のグラフは以下です。

これまでの振り返り

2019年リピート売買に影響を与えたイベント

  • 3月~4月 ブレグジット問題 ポン円の上下が大きく、これで随分良い結果が出ました
  • 5月GW トランプ砲 中国問題発生 円通貨ペアが大きく円高になりました
    6月に一部のポジションで初めての損切りをしました。
  • 8月上旬から中旬 トランプ砲再び+ブレグジット+上海デモ 中国関税強化が発行
    この時の含み損は120万まで膨れ上がりました。
    2020年1月で約20万の含み損になりました。
  • 8月下旬 8月に発生した3つの問題が改善する動きが発生
    ここから買いポジションが決済されていく形になりました
  • 9月~11月 株価も上昇と円安も続き買いポジションの決済が続きました
  • 12月 ブレグジット 英選挙で与党が勝利 ようやくポン円がすべて決済

1年通しての感想

鈴さんのトラリピ設定は・・・

私がトラリピを始めるきっかとなった鈴さんのトラリピ設定でしたが、当時のトレンドにとっては効果的な設定では無かったようで実績はさっぱりでした。
※マイナススワップだったためプラスに転じる事は無かったです。
移動平均線などから自分で設定した結果、うまくいった感じです。

辞め時が難しい

リピート売買全般に言える事ですが、辞め時が難しいです。
幸いにも10月に評価損益がプラスになったため、トラリピ管理表の設定は1/2ほどに減らしました。

ポンド円の動きが激しすぎる

2019年のFX系の思い出はトランプ砲とブレグジットです。
2019年4月に144円付近だったポンド円は8月に125円付近となり、12月には145円に一時的に到達するなど、殺人通貨と言われる所以を体感しました。
ポンド円だけで8月の含み損の大半を占めていました。

カナダドル円は安定かつスワップがおいしい

以下が私のカナダドル円のトラリピ設定の一部ですが、15万ほどを稼いでくれています。
カナダドル円は他通貨に比べ安定しており、スワップも優遇されているのでオススメです。

相場は結局戻ってくる

8月くらいはもう数年は戻ってこないのかと思っていたポジションも年末にはほとんどが決済されました。

トラリピの現在と今後について

カナダドル円中心に一部通貨だけをトラリピで運用する方向です。
設定は今後開示するようにしますので良かったら参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました